« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月25日 (火)

中田引退に思うこと

 私は中田引退を個人と組織の関係として捉えている。そして彼の行動・言動にとても同情できる。私見を述べたい。

 中田は勝つための手段として、日本代表という組織を捉えおり、その意識の強さが、彼を孤独にさせた本質ではないか。極論すると他のメンバーは日本代表という組織を、目的として捉えているということ。無論日本代表に入ることで100%目的を達したと思っている選手はいないだろうし、勝つための努力もしているだろう。私の言いたいのは意識の強さの程度である。

 「組織手段論」と「組織目的論」。勝手に概念化しているが、組織を手段として捉える見方と、組織を目的として捉える見方。個人の実生活に当てはめてみても理解できる。例えば大学受験。入学を手段と捉えるか目的と捉えるかで、当然学生時代の行動は違うだろう。例えば会社の日常。同じ職場にいるだけで仲間と認識できる人。同じ職場にいても価値観・目的が一緒でなければ仲間と思えない人。両方ともありえるだろう。

 仕事にプロ意識を持って挑むほどに、周りからは浮き上がる。悲劇である。こうなると(過激な性格でなくても)他人が許せなくなるし、前向きな問題解決の選択肢はほとんどない。

 こういう状況に陥った時、自分ならどうするか。(勝手な推量では)中田は引退の道を選んだ。もう一つの選択肢は、周りを許して、目的的組織から手段的組織への転換の旗振りを行うことか。きっとリーダーシップってそういうことなんだろう。

 個人が組織とどう関わりたいかということ。それは当然個人の自由なのだが、正直自分自身答えが無い。逆に答えを知ってる人間が一番幸せのような気がする。

 しばらくそういう目で世の中・人を見てみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

シャンク5(微妙)

今日も練習に行く。10発中1発といった所か。

右へのプッシュアウト軌道から、左へのヒッカケ軌道に変化。腰の切りを早めに行うとストレート弾道となるが、タイミングは非常に難しい。

それでもシャンクが改善傾向なのは嬉しい!①右手2指のグリップ、②左肩右肩上までの捻転、③頭を動かさない、ことを継続してやって見たい。

たまにシャンクしたときの”ベチッ”という打感なんとも・・・嫌なものです。

直って!お願い!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

シャンク4(直った?)

練習に行く。15Y/SWでのアプローチから、50Yまで時間を掛けてウォーミングアップ。

SW→PW→8Iとフルショットに移行するも、シャンク出ず。意識したことは3つ。

①グリップ時右手中指・薬指の圧を若干高めること。スイング中圧を変えないこと。

②テークバック時に、左肩が右足の上にくるまで回すこと。

③スイング中頭の位置を変えないこと。

どれがどう効いているのか不明だが、あれほど頻発していたシャンクが出ないのは本当に嬉しい。明日も通って定着させたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

シャンク3

 久しぶりに練習に行く。SWから打ち始めて、5発目くらいからシャンク。止まらず。

 本に載っていた矯正法、「スプリットハンド(両手の間を空けたグリップ)で打つ」をトライしてみたが、やはりシャンクが出る。特に体の回転で打とうとした時に出るようだ。

 ティーアップして6Iでハーフスイングしてみてもやっぱり出る。

 仕方が無いので、基礎体力トレーニングとして4Iをティーアップしてフルスイングする練習に切り替え。両脇の締めが適度にあると、玉の勢いが出て、方向性が決まることを発見。

 シャンクは自力矯正困難か?掛けてる時間とカネを考えたらレッスンを受けた方がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

横峯さくら

優勝おめでとう。世界に出てくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 1日 (土)

060701アドニス小川カントリー

アドニス小川カントリー倶楽部

メンバー:会社の同僚。

天候:雨のち曇り。ほぼ無風。

スコア:REG;IN54(21pat)/OUT65(20pat)/gross119(41pat)

練習場でシャンクが止まらないままラウンドへ。アイアンショットの命運や如何に!

○IN

  ・ティーショットで4ホール連続右1ペナへ。ドライバーがプッシュ+スライス。

○OUT

   ・バンカーで砂遊び。4打ロス。雨上がりでやや締まっていたが、トップ・ダフリで脱出できず。

 ・ティーショットでOB2回。ドライバーがプッシュ+スライス。それでも後半はスイング中右脇を締める感じを強めてストレート弾道に修正できた。

 ・アイアンの飛距離が前のと比べて10ヤード程落ちているようだ。

○良かった点

 ・シャンクは1発(グリーン横からのSW)のみ。練習に行けない変わりに、①シャフトを担いで、前傾角を変えずに体を回転させるドリル、②壁に頭を付けて体を回転させるドリル、を1日50回やった。この効果かどうかは不明。

 ・4I。思い切った体重移動を意識。やや右に出るが、クリーンに当たっている。

 ・ドライバーの打点。弾道は目を覆いたくなるプッシュ+スライスだが、フェース面を確認すると、ど真ん中。

Book 1日1時間1か月でシングルになれる

著者:江連 忠
販売元:サンマーク出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

○課題

 ・プッシュ+スライス弾道の原因について、上記教科書参照の上、修正を行う必要あり。

 ・バンカーショットの練習。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »