« 台湾旅行記(アクセス編) | トップページ | フェアウェイウッド改善 »

2007年1月 8日 (月)

ドライバーショット改善(仮免許交付)

 今年の初打ちに千葉県紫カントリークラブあやめ東コースに行ってきました。スコアは102(out53,in49;1バーディ、3パー)と比較的良く、特にハーフ40台は久しぶりで、幸先の良いスタートになりました(out9番で12の大叩きが残念ですが・・・)。

 課題としているドライバーは大叩きしたout9番の「ほぼ空振り→左ゴロで隣のホールへ→なぜかロストボール」というひどい一発を除き、残りの13回のドライバーショットはセカンドで問題の無い所に打てていました。同伴競技者も飛ばす方でしたが、飛距離を比べても遜色ありませんでした。

 注意しているのは「ノーフットワーク打法」のポイントだけで、本番でも効果が実証されたと思ってます。

 飛距離と安定性をこれから磨いて行きますが、今年の目標の「年間平均90台」には十分なレベルとなりましたので、「仮免許交付」ということでお題を次に移したいと思います。

 今日のラウンドを反省すると、特にフェアウェイウッドのダフリが何発もあったので、「フェアウェイウッドの打ち方」を次の課題にしたいと思います。シャンクの修行で発見した通り、私のスイングにはダフる要素があるようなので、フェアウェイウッドを通して改善したいと思います。

|

« 台湾旅行記(アクセス編) | トップページ | フェアウェイウッド改善 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

フェアウエーウッドってドライバーほど練習しないですよね。
私は正月はハーフショットの基礎練習にしました

投稿: 中庸 | 2007年1月 9日 (火) 08時27分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドライバーショット改善(仮免許交付):

« 台湾旅行記(アクセス編) | トップページ | フェアウェイウッド改善 »