« 欲只是有進気無退気。 | トップページ | Mission Statement »

2009年2月 2日 (月)

膝の捻挫3

 受傷から17日経過。病院へ。サポーター無しだと不安定感がある、完全に伸ばせない、押すと痛い、等現状を話すと先生が触診。膝をもって外側・内側・前後に下肢の動揺を調べる。「受傷直後よりもぐらついているかも。手術が必要となる可能性があるので、大学病院のスポーツ外来を紹介します。」とのこと。

 手術しなくて済む(寧ろうまく行けば今日からリハビリ?)と思っていただけにかなりショック。

 「必要だとなったら、どういう手術になるんでしょうか?」

 「そりゃもう内側側副靭帯、前十字靭帯、半月板全部やることになりますね。」

 「・・・」

 ということでした。完全固定しないで歩き回っていたから?、ちゃんとヒンジ付きのサポーターをしておけば良かった?、大体捻挫した後に2時間もスキーを続けたのが悪かった?、古傷なのになぜサポーターをしておかなかったのか?、そもそも何故3年振りにスキーなどに行ったのか、等後悔の念が押し寄せてきます。

 心配は尽きませんが、まずは専門医に診てもらいます。入院となると仕事が一番心配ですが、年をとってもスポーツを楽しみたいので、きちんと治す方向で考えたいと思います。

|

« 欲只是有進気無退気。 | トップページ | Mission Statement »

膝複合靭帯(ACL/MCL)損傷」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 膝の捻挫3:

« 欲只是有進気無退気。 | トップページ | Mission Statement »