« ブラジル出張1 | トップページ | ACL/ MCL再建手術日記2 »

2009年5月20日 (水)

ACL/ MCL再建手術日記1

 過去の膝の捻挫に関する記事も新カテゴリー「膝複合靭帯(ACL/MCL)損傷」に変更します。

 結局病院を変え、元住吉の病院へ掛かることに。ネットで調べて「膝のことで迷ったらここ!」という情報と、手術実績数の多さ(日本一)から選びました。ネットで情報公開してくれている方々、大変参考になりました。ありがとうございます。
 完全予約制のため、電話で予約。著名なU先生に診てもらいたくも、控えめに「膝専門の先生に・・・」と要望。紹介状が無いと初診料で5250円取られますが、過去の経緯からやむなし。
 当日U先生に診てもらえました。
 診察は持ち込んだMRIの画像と、手技テストのみ。患足と健足の前十字靭帯(ACL)の抵抗を実際に示してくれて、「機能していない」との診断。MRIでは白っぽくなっていただけで「断裂」の診断は得てませんでしたが、機能ていないとなればやむなし。納得です。
 内側側副靭帯(MCL)についても相当緩い、との診断。但し復帰したいスポーツが柔道、スキーであれば、悪くても競技している選手は多いとのこと。内側も再建するかは次回までに決めようと。
ACL再建手術の予約。できるだけ連休に合わせてやりたいとの要望を伝えたら、4/27入院、4/28手術で即決。
話が早いですU先生。ACLだけなら2週間、MCLも同時にやると2~3週間で退院とのこと。
 次回は入院の4日前に入院前検査とMCL再建の判断のため診察を予約。
 この病院のすごい所は、先生と次回の日程を決める→カルテを会計に出す→自動支払機で払う→領収書と次回予約表が出力される、という事務処理効率の高さ。前の病院が余りにも酷かったこともありますが、ストレスフリーで感動しました。

|

« ブラジル出張1 | トップページ | ACL/ MCL再建手術日記2 »

膝複合靭帯(ACL/MCL)損傷」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL/ MCL再建手術日記1:

« ブラジル出張1 | トップページ | ACL/ MCL再建手術日記2 »